株式会社東北ケーブルテレビネットワーク
サイトマップ お問い合わせ
会社概要 事業予定について TCNサービスエリア 各CATV局のご紹介 LINK
トップ>>ケーブルテレビ
ケーブルテレビ
地上デジタル放送の普及目標
今後のケーブル事業のサービス展開
ケーブルテレビが注目されている理由

HOME
ケーブルテレビによる地上デジタル放送の普及目標
国内ケーブルテレビ状況 
国内ケーブルテレビ多チャンネルサービス接続世帯数
  全世帯4952万世帯中
  1800万世帯加入(05年3月現在)

設定する普及目標 
最終普及目標
  2011年初頭まで全加入世帯
  (予測:最大約2300万世帯)
※(社)日本ケーブルテレビ連盟「ケーブルテレビにおける円滑な地上デジタル放送の再送信に向けて」
  (2004年7月改訂)より

普及目標グラフ
今後のケーブル事業のサービス展開
サービス展開図
JCTA日本ケーブルテレビラボホームページより
※各画像をクリックすると、それぞれの拡大画像を見ることができます。
ケーブルテレビが注目されている理由!!
理由1 地上波放送に比べると、ダンゼン低料金。
だから、大量露出による広告戦略が可能。
ケーブルテレビは、地上波放送と比べて低料金で、CMをオンエアできます。低料金だから、CMの大量投入も可能。放送後のレスポンスも確かな手応えが実感できます。また、豊富な商品情報がPRできる長めの「インフォマーシャル」や、番組案内誌とのメディアミックスなど、バラエティに富んだ広告戦略も可能です。
理由2 広いエリアでも、特定エリアでもOK! 地域密着、効果的な広告戦略が可能。
東北主要エリアを中心にカバー。商業圏からベッドタウンまで、各エリアの特性を十分に熟知した各ケーブルテレビ局により、戦略的な「エリア・マーケティング」が図られます。地域のプロフェッショナルが、長年培ってきたノウハウで、もっとも効果的なPR戦略をご提案致します。
理由3 加入者は、ファミリー中心の良質な消費者層。
ターゲットにむけての効率的な広告戦略が可能。
ケーブルテレビの加入世帯は、経済力と購買力に優れ、情報に敏感で趣味嗜好に消費を惜しまないという特徴を持っています。申込者を職業分類でみると、自営業者や上級管理職・経営者を中心に、医師、弁護士、自由業など。新製品や高付加価値商品に敏感な反応を示す層が多く、いわゆる、高所得・高感度・高学歴の新3K族なのです。良質な消費者層にむけて、効率的な広告戦略が図れます。
エリア基盤に立った効果的な広告戦略が図れ、
低料金でメディアミックスも可能なケーブルテレビ。
身近な消費者に、効率よくアプローチできる広告媒体として現在大注目です。
このページのトップへ戻る